いつも着ている服の色は知らないうちにまわりの人にメッセージを送っていることをご存知ですか?今回はイメージコンサルタントが色のパワーについて紹介します。

「赤はわたしの大好きな色です。明日仕事の面接は赤色の服装で出席する予定です。赤はいつもわたしに幸運を運んでくれます。」

そこでは彼女はラッキーカラーの赤いドレスを着て有名な銀行の待合室で待っていました。彼女は面接の前に見た目で判断されようとしていることをほとんど知りませんでした。ハーバード大学の調査ではその人を雇うか断るかの判断は15秒しかかからないと説明しています。

これは本当に彼女のケースで起こったことなのです。彼女はその仕事に値する資格をもっているとても頭のいい優秀な女性でした。しかし彼女は”攻撃的で目立ちたがりや”と本当の姿と違うように受け止められました。服装の色で判断されたのです。彼女は本来の彼女とは違う印象で受け止められたのです。

身につける色やブランドはあなた自身についてたくさんのことを語るのです。プライベートではどの色が自分に一番似合うか知っていても違う色を試したくなるときはありますよね。それは何と取り入れようと何も思ってなくても色は自分を目立たせたり、大胆な事を言ったりイメージを作るのに役立つこともあります。イメージコンサルタントによれば、わたしの目的はもっと自信を持てるように個性を出すことです。個性を作ってありのままに言葉も発することが出来、それが本当の個性につながるのです。自信や創造性、ユニーク性は私の専門分野においてクライアントに与えられるほんの僅かなものなのです。

けれども大胆で目を引くような服を着ることは銀行で働く人の適応性には合っていないのかもしれません。彼女はその仕事に向いてないと判断した雇用者は彼女の衣装の選択だけで断っているのです。雇用者はきちんと保守的に着ている人に銀行で働く人材として期待しているのです。

一方でもしあなたがファッションハウスやジュエリーショップやグラフィックデザイナー会社のデザイナーだったら、創造性があってダイナミックに見られ、間違いなく地味には見られないでしょう。

クローゼットを見て持っている服の色をチェックしてみてください。進んで買った色やあまり合わない色や好きな色といろんな色がそろっていませんか?これは買い物をしている時にあなたの感情が買う色に影響しているからなのです。

あなたの周りの人はよくあなたに気づく前にまず着ている服の色に注目していることはありませんか?そのようなことがあったら、あなたはふさわしい色を選んでないということでなります。その色があなたに合っていたら主に色に目をうばわれずに全体的に自然な光景になり自然な状態を褒められるべきなのです。ふさわしい色を身につけるのは健康な印象や自然な色やトーンを強調する印象を与える為には大事なことなのです。

今クローゼットをよく見てみてください。そこで一番目立っている色に気づきませんか?色が表す心理学な事とその色が何を語っていることを考えてみましょう。この方法で毎日どんなことを外に送っているのか判断することができます。以下ではそれぞれの色について一般にどんなイメージをもっているかの内容です。

黒は力や権力、強さを表します。それはよく他の色を吸収する黒と同じように自分の事に夢中になっていると見られがちです。それはカバーしたり隠したりするにはいい選択です。またリトルブラックドレスや黒いネクタイを使う行事によればよく洗練の色とみられます。この色は知識の色とも思われています。黒は何かの最後を意味し、それはまた新しい事の始まりを意味するとも言えます。

白は純白や完璧さ、無実などのシンボルカラーです。そのため白の優しさは平和のシンボルでもあります。また新しい始まりを意味しています。なのでインドでは葬儀で着られていますが西洋文化では新婦が白いガウンを来ています。それはまた人が新しい生活をスタートする始まりをするということを意味しています。お医者さんも人々を守ったり、助けたり励ますという事を強調する白衣をきていますね。

グレーはいつもリラックスや憂鬱さ自信喪失の色と見られています。またお年寄りの白髪のイメージから熟練や責任重大という言葉に関連しています。それは黒でも白でもない世界とつながるフォーマルで保守的、中立的、冷淡な色です。魅力的な色にはなりえません。

茶色は地球の色で建造物や安定性を意味します。茶色は木の根っこのように両足が地についているという意味で誠実さや勤勉さなどを意味します。またオーガニックや自然な意味にもつながっています。静かだけど自身がある、この色は背後に存在し明るい色を輝かせることが多いので魅力を出す色ではありません。

赤は暖かくて、ポジティブで熱意があり、目を引くような色です。またリーダーシップや刺激、決断力を意味しています。それは愛や復讐、怒りのような性欲、深い刺激、情熱の色です。もし周りが赤色に囲まれていたら、いらいらや動揺、最終的に怒りを引き起こすかもしれません。しかしインドでは赤色は純粋の色で新しい人生をスタートする新婦は赤衣装を着ています。

黄色はスペクトル状で一番明るい色です。黄色は望み、光、幸せ、陽気、楽しさを意味します。黄色は人生でやる気を起こさせて楽観的な考えに変えてくれます。

青:この色は信頼と誠実さ、忠実さの色の一つです。心の中の安全と自信を表す色です。青は水と空の色であるように平和と安心感を象徴する色です。また一番安全な恐れることのない色なのです。けれどもそれは紺色か水色かにもよります。水色は穏やかなイメージがあるのにたいして紺色は威厳を表すからなのです。

緑:これはバランスと調和がとれた色です。緑は私たちに愛と自然を与えてくれる感情的にポジティブな色です。また私たちの周りにある自然の色なのです。

以上それぞれの色が持っているイメージやパワーを考慮してリビングやクローゼットの中をチェックすると意外な事がわかってくるかもしれませんね。


Recent Posts