職業教育訓練(VET)とは何でしょうか?

インドにおいて職業教育訓練(VET)は、キャリア、技術、教育訓練を意味するCTEとも呼ばれ、スキルベースの教育と訓練を指します。職業訓練期間は個別のキャリアのために具体的な知識やスキルを教育します。それは個々の適正に敬意を払い、彼らのキャリアに強固な基盤を築きます。職業教育訓練(VET)は生きていくために必要な個別の教育プログラムを用意し、研修生の潜在能力を広げ、生計を立てられるように支援します。

職業教育訓練の重要性

世界は急速に変化し続けています。これまでになかったコンピューターやインターネットが国民にも浸透し始め、新しい職業が次々生まれています。これらを踏まえて職業教育も新しい市場にマッチした人材育成に目を向ける必要があります。職業教育は、高レベルの大学教育だけを重要視していては彼らが食べてはいけないということを強く訴えています。職業訓練は彼らの生計に直結した仕事を得られることを目的としている点が特長です。つまり良い職業教育訓練機関が増えれば、自分を活かした職業に就ける学生が増え、自己の職業能力を追記したい学生にも扉が開かれます。従って政府は職業教育訓練を重要視し、世界中で活躍できる若者を育てていくべきだと考えます。

インドにおける職業教育訓練の必要性

インドにおいても職業教育訓練プログラムの必要性は高まっています。今日ではすべての企業が能力の高い従業員を探しています。特に秘書や入力業務、会計、電気技師、技術者、大工などはニーズが増加しています。また、医療機関では数多くの看護師や研究者を採用しています。旅行やサービス業界においても職業教育機関へのニーズは急激に増えています。大学へ進まない学生は職業教育訓練機関へ進み、それぞれ希望の能力獲得にむけてトレーニングを受けます。

将来的展望

インドは12億人の人口を持ち、職業教育訓練の今後の見通しも明るくなっています。雇用はインドのすべての教育の共通目標であると同時に生計を立てる上で欠かせないテーマです。若者が行きたいと思えるような訓練プログラムを用意するための適正判断には資格試験や心理学テストなども用意されています。


Recent Posts