カシューナッツはワンダーナッツと呼ばれ、世界的な商品市場で取引されるために高度に処理さえたナッツの一つであり、生産国にとっては大きな利益をもたらしてくれる作物です。
また、カシューナッツ生産者にとっては生計の源泉になり、農村部の女性の地位を向上させるための働き口になり、雇用機会と輸出による収入を生み出します。
カシューナッツは英語圏ではカシュー(cashew)と呼ばれますが、元々はブラジルでのAcajaibaが語源です。それがトゥピ語族にAcajouと呼ばれていたものをポルトガル人により発見された時にCajuに変換され、インドに伝わった時にはKajuと知られるようになりました。

そのような経緯もありインドのケララ州では外国のナッツを意味するParagi Andiとして知られ、オリッサ州ではお隣のスリランカからLanka Beejaとして広まり、タミルナードゥ州ではこのナッツの形状を表す”Mundri”という名でも有名です。

カシューナッツは主にアジア、アフリカ、そしてラテンアメリカで作られています。インドでは、カシューナッツの木は元々はインドの防風などの植林作物として栽培されました。そして気候や風土に適応し、いつしか、高い経済効果と商業的価値をもつようになりました。

カシューナッツの栽培と商品化には多くの労働力が関わり、それゆえインドの経済活動の重要な役目も担っています。しかしながら近年では生産者はそれに見合う収益を得にくくなっています

インドの沿岸部の州がカシューナッツの主な生産地です。その生産は国内及び海外との取引で栄えましたが、マーケティングは過剰になり、生産者の立場が弱くなっています。多くの仲買人が国内外の取引を持ちますが、こと組織化されていないマーケットにおいては生産者は地元のトレーダーにその生計を掌握されているケースが起きています。さらに最近はカシューナッツの輸出価格は海外マーケットの動向により激しく変動し、ますます生産者はその生計を安定させるために苦労しています。
従ってアジア太平洋の国々ではそれら生産者側とマーケティング側との連携に関連する個別の問題解決のために改めてその強みや弱み、機会や脅威などのSWOT分析を人々に啓蒙し、適正でかつ公平性のある取引のための科学的な方法を研究しています。

インドは世界最大のカシューナッツ生産国です。2010年ではアジアは世界の39.47%のシェアを持ちエリア別で見てもカシューナッツ最大の生産面積を持ちます。カシューナッツの植林は荒れ地の再開発でも有効であり土壌を良好にし、生態系のバランスを取ってくれる重要な農作物です。インド国内の主な生産州はマハシュトラ州、ケララ州、アーンドラ・プラデーシュ州、オリッサ州、カルナータカ州、タミル・ナードゥ州、ゴア州、そして西ベンガル州です。


Recent Posts