教育を受けた女性は社会経済に変革をもたらすことができます。インドを含むほぼ全ての民主主義国家の憲法では男性と女性の両方に平等な権利が保証されています。従って初等教育は現在では当たり前の権利です。女性がその権利を持っている限りは社会は広くその持続可能性を確保するべきです。

女性教育の重要性を認識し、インド政府や多くの非政府組織は女性教育を広めるために多くのプロジェクトを採用しました。識字プログラムは女性からの要望で実現しています。

重要なことは教育のための施設が全ての国民のために平等に設置されることです。裕福なクラスは良い教師を呼び、良い学校を作ります。良い変えれば良い学校は裕福な両親のためにあろうとします。これが今日の教育と生徒の品質の差です。質の高い教育は全ての学生に与えられるべきです。

女性教育の重要性は以下に挙げられます。

 

経済発展と繁栄

教育は女性の地位を高め、国家の発展と繁栄に寄与します。

経済的エンパワーメント

長い間経済は男性依存が当たり前となり、女性はその後方支援として機能させられ、この状態を変えることは難しいとされてきました。しかし女性教育と女性雇用を通じた経済的エンパワーメントは肯定的に受け止められています。

人生の改善

インドでは女の子は結婚のために生き、結婚が出来れば男性のために生きていくことを強いられていました。彼女たちの権利は低く見られ、時には侮辱的な状況を生み出します。もし社会が女性教育の分野で肯定的に受け止められなければ、その状況はさらに悪化します。

名誉と尊厳

教育を受けた女性は尊厳と名誉をもって今注目されています。インドでは数百万人の若い女性が彼女らをロールモデルとして憧れ、影響を受けています。

正義

教育を受けた女性は正義と権利について多くを語ることができます。それは女性への暴力や不公平な持参金、強制売春、児童結婚、女性の中絶などの根絶のために機能しています。

職業選択の自由

教育を受けた女性はそれぞれの活躍の場で大きく成功することができます。女の子は平等な教育機会を与えられるべきであり、それにより彼女たちは医師やエンジニア、看護師、キャビンアテンダント、調理師など自由な職業で成功を収めることを計画が出来るようになります。

貧困の削減

女性教育は貧困脱却のための前提条件です。女性は貧困根絶のための大規模プロジェクトに男性と同じように参加し意見を出すべきです。教育を受けた女性はこれに大きく貢献することができます。女性が教育を受けられない限り社会的にも経済的にも良い変化を起こすことが出来ません。

結論として、

19世紀半ばまでは、インドにおいて女の子の多くは家事手伝いのためだけに教育されてきました。今社会は女性の役割の変化を目の当たりにしています。男の子と同じように教育を受けることが重要とされ、最近の若い親は男の子であっても、女の子であっても、分け隔てなく教育を受けさせたいと考えています。今後はインド国内のすべての女性が平等な教育を受けることになることで、インドが素晴らしい国に成長していくことが期待されています。

 

 

 


Recent Posts